TOPPAGE中古車情報試乗車・展示車情報鈑金コーティング加工ホィールアライメント消臭加工
エコロジーこると新聞会社案内お問合せ

お車を経済的にご使用いただくには、定期的なフロンガスのパワーアップが必要です。

■ 地球環境を守るためにフロンガスは変わりました。 ■
 もともとカーエアコンには冷房特性の安定したR-12というフロンガスが用いられてきました。しかしオゾン層を破壊するので1995年に生産中止となり代わりにR-134aという暫定フロンガスが使われるようになりました。

R-134aは成分(原子)の数が多く原子に偏りがある等で化学変化が早く、酸化、不凝縮ガス、水分等不純物が多く出るようになり冷房機能の低下が早くなりました。

■ フロンガスクリーニングの必要性 ■
 不純物の多くなったフロンガスは気化や液化への変化のスピードが遅れます。変化のスピードが遅れることによりフロンガスの特性が悪くなり冷房のためのエネルギーが余分に必要となり燃費も悪化します。

 定期的に不純物を取り除く(クリーニング)ことにより特性は回復いたします。20,000km〜25,000kmでのクリーニングをおすすめします。



■ フロンガスは過酷な特性が要求されます!! ■
 エアコン内をフロンガスは毎分約6回も循環します。
その間に液体〜気体等1サイクルで5回もフロンガスの状態が変化して初めて冷媒としての効力が発生する過酷な特性が要求されます。


■不純物が多くなったままのガスを使用した場合のエアコン機能部品への影響
コンプレッサ

熱交換して気化したガスを液化する為に圧縮して送る役目をいたします。汚れたガスは冷房能力が低下しているので負荷運転が多くなります。コンプレッサー各部の磨耗も早くなります。
レシーバタンク
 いろいろな機能が組み込まれて居りますが、水分と不純物を除去する大きな役目があります。汚れたガスをそのまま使用するとフィルターの抵抗が大きくなり冷房能力も悪くなります。
エクスパンションバルブ

 高圧の液冷媒を小さな穴から噴出させ低圧の霧冷媒にします。汚れたガスは小さな穴から微妙な噴射を防ぎ最良の冷媒ガスのコントロールが出来なくなり快適冷房が出来なくなります。

■ エアコン内のフロンガスの量は多くても少なくても冷えが悪くなります ■
 フロンガスの規定量より少なければ冷えないことはいうまでもありません。
反対に規定以上にフロンガスを補充しても、低圧回路と高圧回路の圧力差がなくなり冷房能力が低下したします。
エアコン内のフロンガスの規定量を定期的に点検する必要があります。

■フロンガスが多過ぎる場合の冷房サイクルの構成・機能と冷媒の状態
 高圧回路と低圧回路の圧力差がなく、フロンガスの循環が悪くなり冷房能力が低下します。
さらにガスが多くなると機能部品に大きく影響します。

■フロンガスが少ない場合の冷房サイクルの構成・機能と冷媒の状態
 高圧回路も低圧回路も圧力が上がらず、冷房能力が低下し、燃料にも影響が出ます。

■ フロンガスクリーニングによる多くの効果!  ■

■車両維持費の低減
汚れたフロンガスをクリーニングすることによりフロンガス回路の機能部品の寿命をのばし車両維持費を抑え、より経済的にお車を使用することが出来ます。

■エアコンの悪臭解消

フロンガスの汚れ、フロンガスの量、その他に異常がなければエバボレーターがよく冷えます。
冷えることにより周囲に冷機の凝縮作用で多くの水滴が発生します。
多くの場合、この水滴による自浄作用で匂いは消えます。


■ お客様をお待たせしません ■


『世界初』環境保全に完全対応した
フロンガスクリーニング装置導入

実作業は大容量CPUを搭載した高精度の機械が複数の作業を同時に進めますので従来の約5倍のスピードで作業を行います。その上、独自の循環方式でフロンガスは外気に一切放出されません。


カーエアコン内のフロン
1.回収・・・カーエアコンの中のフロンを回収
2.再生・・・特殊フィルターでフロンを再生 カーエアコンの真空引き
3.貯蔵・・・R-12及びR-134aが12リットル(11kg)貯蔵可能
4.充填・・・高精度ロードセルを用いてフロンを適量充填


●フロンガスクリーニング(再生)後の成分比較●
棒グラフの高いほど(数値の大きいほど)品質不良です。


★フロンガスの定期的な点検とクリーニングで車両維持費を抑え、より経済的にお車を使用することが出来ます


■ 地域社会に密着した環境貢献のエコロジー ■
 

エンジン洗浄方法には、オイルラインの洗浄・燃料ラインの洗浄。吸気ラインの洗浄。燃焼室の洗浄があります。

理想的なエンジン洗浄は、トータル洗浄ですが、オイルラインの洗浄だけは絶対に必要な作業です。







個人情報保護法に関して
 
  TOPPAGE中古車情報試乗車・展示車情報鈑金コーティング加工ホィールアライメント消臭加工
エコロジーこると新聞会社案内お問合せ
 

COPYRIGHT(C)2006 ALLRIGHTRESERVED
クライスラー・ジープ高山  飛騨コルト 株式会社
岐阜県高山市桐生町6−93
TEL:0577−32−1790